笑顔の絶えない式にする法則|結婚式場を厳選

挙式スタイルの選び方

新郎新婦

日本伝統の挙式

結婚式と言えば、ウエディングドレスでバージンロード、というイメージが日本にも定着して久しいですが、近年再び、日本伝統の結婚スタイルが「和婚」として注目されています。和婚の正統スタイルといえば、やはり神社での神前式です。日本人は、比較的「宗教」という概念を強く持たない傾向がありますが、神社仏閣など神聖なものを尊重し、敬う気持ちは誰しも抱いています。普段全く縁のない教会やチャペルよりも、神社の方が厳粛な気持ちになるのが大多数の日本人でしょう。日本人であることをより強く感じられる、それが和婚の魅力です。また、神前式は新郎新婦と両家の親族のみで行われます。家と家とのつながりを大切にするという、これも日本人的な伝統です。加えて、三々九度や玉串礼拝など、新郎新婦が二人で行う儀式が多いのも特徴です。厳粛な雰囲気の中で、結婚という儀式を特別なものにしたい人、披露宴よりも挙式に重点を置きたいという人におすすめです。また、その儀式を行う神社仏閣それ自体に伝統と格式があります。中には、国の重要文化財や国宝といった、本当に特別な場所もあります。そこで挙式できれば、まさしく一生の思い出です。ホテルや結婚式場などと違い、初詣など参拝として何度も訪れることも可能ですから、特別な思い入れを持つこともできます。伝統的な挙式をし、その縁を結んでくれた神様と神社に末永く感謝の念を抱く、これこそが日本人らしい心の在り方、和婚と言えるでしょう。